新発想のネットワークセキュリティ!「Unisys Stealth(ステルス)」および導入事例のご紹介


日本初!見えないものはハッキングできない!
新発想のネットワークセキュリティ!
事例から学ぶ「Stealth」活用効果をご紹介

先日の仮想通貨流出事件など、日々巧妙化するサイバー攻撃とその対策は、企業を悩ませる大きな課題となっており、社内ネットワークへの出入口を防御するインターネット境界防御対策に加えて、高度な内部対策による多層的な防御が求められています。
「Unisys Stealth」は、企業活動にとって非常に重要な情報とシステムを、攻撃者から隠すことで、高レベルのセキュリティーを実現するソリューションです。米国ユニシスが開発した革新的な独自技術により、お客さまのサーバーやクライアントPCなどを悪意ある攻撃者や許可のないアクセスから隠します。攻撃者からすれば相手が見えないのでハッキングのしようがありません。
また、米国ユニシス独自のネットワーク仮想分割技術により、既存のネットワーク基盤やアプリケーションに影響を与えることなく、企業ネットワーク内にソフトウエアによる仮想境界を構築することで、低コストでスピーディーに高レベルな内部対策を実現します。
本セミナーでは、「Unisys Stealth」の特徴を導入事例とともにご紹介致します。

<こんな方にオススメです>
・サイバー攻撃対策に課題を抱えている方
・複雑なネットワーク管理/運用に課題、限界を感じている方
・インターネット分離(基幹システム/情報システム)を簡易に実現したい方

 

 


 

東京会場
開催日 2018年3月2日(金)
15:00~16:30 (14:30受付開始)
開催場所 東京都港区虎ノ門一丁目2番8号
虎ノ門琴平タワー 3階会議室
定員 60名
お申込み期限 2018年2月28日(水)

 

■講習会概要

参加費
無料(事前登録制)
対象 システム部門、経営部門、事業継続部門の責任者及び担当者
主催 株式会社ヤマダ電機
共催 日本ユニシス株式会社
株式会社シャニム
プログラム

「Unisys Stealth」および導入事例のご紹介

■講師:米国ユニシスコーポレーション 永谷 剛一

■概要
これまでのセキュリティー対策は、見えているサーバをいかに防御するかという考え方ですが、UnisysStealthはソフトウエア制御によるマイクロセグメンテーション技術によりネットワークを仮想化し、攻撃者から標的を見えなくする新発想のネットワークセキュリティーソリューションです。UnisysStealthの特徴を導入事例、適用効果とともにご紹介します。


お申込方法 本ページに記載の個人情報に関するお取り扱いについてご同意頂けましたら、以下のエントリーフォームよりお申し込み下さい。お申込み受付後に受付完了メールを自動送信致します。

※受付完了メールが届かない場合、お手数ですがメールアドレスをご確認の上、再度お申込をお願いします。
※メールの受信拒否などの制限をかけている場合 、@yamada-denki.jp からのメールが届くようにドメイン指定受信の設定をお願い致します。

※講師および講演内容は都合により変更となる場合がございます。
※競合企業様のエントリーをお断りさせて頂くことがございますので、予めご了承ください。

 


個人情報に関するお取扱について

(お申込みの前にご一読ください)
ご入力頂くお客様の個人情報は、当社(株式会社ヤマダ電機)および共催企業である日本ユニシス株式会社、株式会社ヤマダ電機関連会社である株式会社シャニムが、1)本講習会に関する連絡・2)関連製品・サービスに関する情報提供、イベント・講習会などのご案内及びマーケティングの目的で利用させて頂きます。
ご入力頂いたお客様の個人情報については、当社の個人情報保護方針に従い、適切な管理と必要な保護を行います。なお、個人情報の開示、訂正、削除、情報提供の停止などのお申し出、その他ご質問がございましたら、下記のお問い合わせ先までお申し出ください。

 


【個人情報保護方針】

-日本ユニシスグループ企業 各社「個人情報保護基本方針
-株式会社シャニム「個人情報保護方針

2018年03月02日